メンタル

看護師国家試験当日に力を出し切り合格を勝ち取る方法

今まで国試の勉強を頑張ってきていよいよ試験。

試験本番ではだれしも今までの成果を発揮したいですよね。

力を発揮するために試験当日の

朝の過ごし方
持ち物
問題の解き方

の3つに焦点を当て、試験当日に実力を発揮できるようにします。

〘試験当日の朝の過ごし方〙

朝起きる時間

試験は9:50分から始まるのでどんなに遅くても7時までには朝起きるようにしましょう。

人間の脳がフルに働くのは起床後3時間からといわれています。

会場が家から近くても少し早めに起きてゆっくり時間を過ごし落ち着いた気持ちで試験に臨めるようにすべきです。

決して出発ぎりぎりまで寝ることがないようにしましょう。

朝ごはん

試験当日はしっかりと朝ご飯を食べるようにしましょう。

試験は午前・午後共に2時間40分の長丁場です。途中で集中力が切れないように朝はパンやご飯などの炭水化物を取って体に糖を入るようにすることをすすめます。

脳のエネルギー源は糖質です!

また必要以上に水分を取らないようにしてください。会場は圧倒的に女性が多いのでトイレが混むことは避けられません。

トイレのことを考えて少し早めに飲んで利尿期を脱してから会場入りしましょう。

出発時間

会場には余裕をもって到着できるように事前に公共交通機関の時間を調べておきましょう。

会場には8時頃までに到着できるようにします。

周辺のコンビニは国試受験生が買い物をして、お昼のおにぎりや飲み物が品薄になることが考えられますので自宅近くのコンビニで先に買っておきましょう。

雪が多い地方の方は事前に天気を調べておいて必要ならば会場近くのホテルに宿泊するのがいいと思います。

もしものことがないように事前に準備することが、当日に心配することを減らし実力が発揮できることにつながります。

〘持ち物〙

試験当日の持ち物についてはこちらなどを参考に準備してください。

・看護師国試当日 持ち物チェックシート

重要なのはいつも使い慣れたものを持って行くということです。

逆に当日持っていく鉛筆や消しゴム、時計や上着などあらかじめ決めておいて普段から勉強するときは、いつものメンバーで身をかためて勉強します。

勉強するときは右側に鉛筆3本・シャーペン1本・消しゴム。机の左上には時計を配置する。右上には受験票と鉛筆削りというように配置を決めておきます。

そして当日いつものメンバーをいつもの位置に配置して、自分が普段勉強している机を再現するのです。

こうした細かいルーティーンが意外に落ち着きを与えてくれます。

また持っていくノートも最小限でいいです。実際に会場に行って参考書やノートを見れる時間は以外に短いです。

知識を確認するというよりは、自分が書き込んだノートや、使い込んだ必修問題参考書を見て安心を得てください。それ程に必修問題参考書は使い込んでください。

そうすれば何よりのあなたのお守りとなってくれますよ。

〘当日の問題の解き方〙

国家試験の時間は午前・午後共に2時間40分です。

例年それぞれ120問ずつ出題されているので1問あたりの解答時間は1分20秒程度です。

与えられた時間は十分なはず。時間がたりない人はむしろ時間がかかりすぎです。

当日はできる問題からどんどん解いていきましょう。

特に必修問題のところは慎重にならざるを得ませんが、問題の始めにあるので時間をかけすぎると一般、状況設定問題でタイムオーバーになります。

解くペースは?看護師国家試験の解答時間の配分を考えよう看護師国家試験国家試験は必修50問・一般問題130問・状況設定問題60問の全240問で構成されいます。 本番の時間は午前午後ともに...

まず確実にできるところをおさえて、余った時間で悩んだ問題に取り組むという形をとることが最適な解き方です。

目安は2分以上かかるならとばす。できる問題は数秒で正解をえらぶことができるはずなので安心してください。

できていない問題には冊子の問題の数字のところに印をつけて見たらすぐにわかるようにしておきましょう。

マークミスを防ぐためにマークシートにもわかるように印をつけて、マークがずれないように気を付けてください。

当日のマークミスは地獄です。

マーキングしなかった問題のところにに次に解いた問題を解答しないようにしてください。20問おきにチェックしてマークミスに備えましょう。 

マークシート用に鉛筆なんてのもあります。

〘前日の過ごし方〙

前日はなんだか落ち着かない1日になることは覚悟しておきましょう。

特に新しいことをやる必要はありません。いままでの復習だけでいいです。

やってもやっても不安でしょうがここまで来たら自分が今までやってきたことを信じるしかありません。

大丈夫。全国の国試受験生の約6万人が同じ気持ちで過ごしています。

落ち着かないときのおすすめは明日の準備をすることです。荷物を詰めたり、着ていく服、下着も決めます。朝ご飯に食べるものも決めます。のる電車も決めましょう。

人間は1日に決められる事柄には限界があり、決断力は使えば使うほど弱くなっていくといわれています。

なので当日の決断力を無駄遣いしないように落ち着かない前日に決めれることは全部決めておくといいでしょう。

〘直前期は睡眠不足に注意〙

直前期はだれしも睡眠不足に陥りがちです。睡眠不足は集中力が続かなくなるし、記憶力も低下します。

また直前期に一番やっやいなのはマイナス思考に陥りやすくなることです。

睡眠不足になるとネガティブになりやすくなるので、国試への不安がさらに大きくなりなり、それで夜中までダラダラ勉強して睡眠不足になります。

睡眠不足のまま勉強しても集中できず、効率も上がらず・・・とネガティブループが回ります。

これを断ち切るには寝るしかありません。自分がネガティブになっていたり、集中力が続かなかったりする場合は無自覚な睡眠不足におちいっているはず。

ここは思い切って寝ましょう。20時とかに寝ましょう。

いっぱい寝たいけど…看護師国家試験の対策中の睡眠について考えよう!看護師国家試験の受験生の方は実習や卒論をやりながらの国試対策となり、必然的に寝不足になりがちです。 時間がないから睡眠時間を削って...

試験1週間前になったら、夜型の人も朝方に体を戻すために23時ごろには寝るようにしましょう。とにかく寝不足にならないように注意してください。

〘大丈夫、受かる。〙

大丈夫、受かります。今までの自分の頑張りを信じてあと少し頑張るしかないのです。

看護師国家試験は受験者の9割が合格する試験です。

ここまで勉強を重ねてきたあなたがいつも通り力を発揮するだけで必ず合格できます。

国家試験は受験生を落とす試験ではありません。

ちゃんと取り組めば誰でも合格できます。

最後は開き直りましょう。自分が精一杯頑張ってダメだったらその時です。また来年受ければいいです。

命を取られるわけではないし、あなたが落ちても淡々と時間は流れます。

そして来年も必ず国試はあります。ダメならまた来年頑張ればいいです。

こう開き直って当日までやり切りましょう!!

〘まとめ〙

試験当日、

・朝は余裕をもって起きて行動する
・持ち物はいつものメンバーで固める
・問題は解けるものからどんどん解く

この3つで実力を発揮しましょう。

試験が終われば就職まで自由の身です。国試が終わった後は最高の開放感が待っています。

看護師国家試験が終わった後にやってほしい6つのこと長くて大変な看護師国家試験の勉強にも必ず終わりはきます。 国試受験生も試験が終われば自由の身。 今まで実習や国試の勉強に追わ...

あと少し。あと少し頑張ってください。

寒い冬は終わり必ず温かい春はやってきます。