国試を語る

看護師国家試験の難易度・ボーダーを徹底解説!

看護師国家試験を受験するうえで知っておきたいこと。

それは看護師国試はほぼ合格できる試験だということです。

一般的に合格率は90%と言われています。しかしあなたの合格率は実はもうすこし高いかも?

マイナビ看護学生や東京アカデミーなどが出している国試に関する合格率や得点率の数字の意味を正しく理解して看護師国家試験の難易度やボーダーについて正しくとらえましましょう。

看護師国家試験の合格率を正しく理解する

看護師国家試験の合格率の推移を確認してみます。

合格率 大学生合格率 専門学生合格率
第108回 89.3%
第107回 91.0% 98.2% 97.2%
第106回 88.5% 96.6% 95.7%
第105回 89.4% 97.4% 96.7%
第104回 90.0% 96.9% 97.4%
第103回 89.6% 96.9% 96.9%

これを見て『あれ?』って思いませんか?

そうです、実は国試の合格率は全体で見れは90%前後で推移しているのですが、大学生・専門学生に焦点を当てて見れば95%を余裕で超えています。

しかも毎年です。

実際に合格率を下げているのは2年の教育過程の受験生や通信教育の学生、EPAでの外国人受験生、受験資格認定の受験生です。

大学生や専門学生と比べると、これらの学生は時間的に圧倒的に不利なため合格率を下げてしまっているという結果が出ています。

国試受験生の大学生と専門学生の割合は70%を超えているので、これを読んでいる多くの方は合格率が95%を超えているということを知っておいてください。

自分は大学生や専門学生以外だという方も大丈夫です。

この記事を読んでいる時点で自分でしっかりと情報収集をして勉強を頑張ろうという方だと思います。

看護師国家試験は時間をかけてコツコツ頑張れば必ず合格できる試験です。

ちなみに既卒になると大学生と専門学生でも合格率は60%くらいに低下します。

要因は明らか。モチベーションが続かないからです。

逆にモチベーションを保って勉強できれば現役生以上の合格率は絶対に叩き出せます。

これを読んでいる既卒の方はとにかくモチベーションを切らないように頑張ってくださいね。

看護師国家試験の難易度は気にしなくていい

国試の勉強をしていてたまに聞くのが『○○年は難しかった』『○○年は難易度が上がった』

学校の先生が言っていたり、参考書にも書いていたりすると思います。

しかしそんなことはどうでもいいので気にしなくていいです。

理由は看護師国家試験は合格率が90%前後になるように調整されるからです。

上の表から見れば第106回は合格率が他と比べて低いので難しかったことが予想されます。

しかしそれでも他と比べて約2%しか合格率は低下していません。

ほとんど合格率に差はないと考えていいいです。

国試の勉強をしていて目指すべき姿は何度国試を受けても合格できる学力をつけることです。

現在日本は超高齢社会であり今後医療を必要とする高齢者がどんどん増加します。

統計的には2040年頃までは高齢者が増え続けるためその医療を担う看護師の確保が急務です。

それなのに看護師国家試験を難しくして合格率を下げていたら看護師の確保はできません。

そのため仮に問題の難易度が高くなり全体の得点率が下がったとしても合格率は下げるわけにはいかない社会情勢があることを知っておいてください。

勉強をしていてたまに出くわす【不適切問題】は、受験生の合格率を上げる操作するために採点から外されている場合もあります。

看護師国家試験のボーダーとは?

看護師国家試験のボーダーの考え方ですが、まず絶対に満たすべき基準は必修問題80%以上です。

これは絶対にクリアする必要があるので必修問題の勉強は意識的に行う必要があります。

もうひとつの目安になるのが一般・状況設定問題65%です。

この数字はその年の難易度で前後しますが、最低でも70%を取っておけば問題ないでしょう。

よって看護師国家試験突破ナビが考える国試のボーダーは

①必修問題80%
②一般・状況設定問題70%

となります。これを下回らないことが合格の最低条件です。

この条件を国試当日に満たすことができれば晴れて合格となります。

『結構取らないといけない得点たかいな・・・』そう思った方。

もう一度この記事を上から読み直してください。

合格率はそれよりもっともっと高いです。だから大丈夫!!

ちゃんと頑張れば必ず達成できます。

【関連記事】看護師国家試験に合格するとはどういうことか

まとめ

看護師国家試験の難易度・ボーダーについて合格率を詳しく見ることで正しく理解できたのではないでしょうか。

とにかく看護師国家試験はめっちゃ合格しやすい試験だということです。

範囲が膨大で時には心が折れそうになる時もありますが、毎日少しずつでもコツコツ頑張れば必ず合格できる試験です。

実習や卒論で忙しいと思いますが力をちょっとだけ振り絞って少しずつ頑張りましょう!

大丈夫、受かる。