就職について

救命救急センターってどんなところ?看護学生に伝えたい事まとめ

救命救急センターとは病院の中で最重症患者さんを管理する病棟です。

ドラマのコード・ブルーでよく見るような場所は初療室やERと呼ばれており、救急車で運ばれてきた患者さんがまず処置を受けるところです。

救命救急センターは初療室やERで処置を受けた患者さんがはじめに入院する病棟で患者さんの多くは重症な方が多いのが特徴です。

救命救急センターで働きたいを思ってる看護学生もたくさんいると思うので実際に働いている環境はどんなところなのかを紹介します。

その病院で一番重症な患者さんを管理する場所

救命救急センターにいる患者さんの多くはとても重症な方が多く、一般病棟では管理しきれないため救命救急センターで慎重に管理しています。

疾患や科は問わずいろんな疾患の患者さんが入院してきます。

あえていうなら脳外科、外傷、心臓血管外科、脳神経内科、重症感染症、熱傷、循環器の疾患の患者さんが多いです。

人工呼吸器や体外循環など生命を保つために直接働きかけるような医療機器も多数使っています。

重症な患者さんが多いだけに亡くなる患者さんも多く日々緊張感のある環境です。

救命救急センター看護師として求められる能力

救命救急センターで働く看護師に求められる能力は、正確な観察力と疾患の知識をもとにしたアセスメント能力です。

救命救急センター看護師が患者さんに行う主な仕事は患者さんの全身管理です。

薬剤を使い患者さんのバイタルを調整し、主治医と協力して患者さんの治療を進めていきます。

医師の指示のもとではありますが状況に応じて自分の判断で薬剤を調整したり、患者さんが急変した場合は迅速に救命措置をすることが求められます。

新人にとっては最も厳しい環境である

病院に就職して1年目で救命救急センターに配属されたら、その病院で一番大変な環境に行くと思っていいでしょう。

ただでさえ1年目は覚えることが多いのですが、救命救急センターは病棟以上に覚えることが多いのでとにかく大変だとおもいます。

厳しい環境だけに働いている人も厳しい人が多いです。必ずめっちゃ怖い先輩がいると思っていていいでしょう。

患者さんの命がいつなくなってもおかしくない緊張感ある環境で、めっちゃ怖い先輩がいるなか、覚えることが山ほどある状況で働かなくてはならない。

想像するだけで大変ですね。

間違いなく自分の同期の中で一番たいへんな1年目になると断言できます。

救命救急センターで働くメリット・デメリット

メリット

救命救急センターは外科系の処置が多いため院内で一番医療に近い現場で働くことが出来ます。

医師たちが行う侵襲的な医療行為に看護師も医師を介助するという立ち位置で参加します。

中心静脈カテーテル、胸腔ドレーン、Aラインの挿入。外傷の処置など一般病棟ではあまりないような処置に日常的につくため看護師としてのスキルは日々上達していきます。

また重症な患者さんを受け持つことが多いため疾患の知識は深くなります。

熱心に勉強する看護師の場合は新米医師よりも患者さんの病態を的確に捉えて医師に意見を伝えるような人もいます。

看護師として医療行為を介助する技術と疾患への知識を身につけるには絶好な環境です。

救命救急センターの看護師が一般病棟に移動になるとすぐに移動先の病棟で頼りにられる存在になるのはそのためです。

デメリット

救命救急センターで働くデメリットは患者さんとの関係を築くことが出来ないことです。

救命救急センターにいる患者さんは意識レベルが悪かったり体がしんどくて関係を築くどころではない方が多いです。

私は看護師のやりがいは患者さんとの関係の中にうまれるものだと思っています。

救命救急センターで働いていると、この患者さんとの関係を築くことが出来ないためやりがいを感じにくいというジレンマがあります。

鎮静剤を使って眠っている方も多いため、患者さんに寄り添い話を傾聴することで育つ看護師としての優しさが育ちにくい環境だと個人的には思います。

実際に救命救急センターで働いている看護師は性格的にもドライな印象を受ける人も多いのが現状です。

また重症部門は未だに3交代勤務体制を取っているところが多いです。

3交代はしんどい。

夕方仕事を終えても、夜の0時からまた仕事というような勤務体制なため、生活リズムと体調を崩しやすく体力がないと厳しいです。

さらに上で述べたような厳しい環境なためやめたり異動を希望する看護師もいます。

それでもやりがいある環境

それでも私はやる気があり興味がある看護学生には救命救急センターで働くことをおすすめします。

理由はなんと言っても一般病棟で働いている以上のスピードで看護師としての経験を詰めるからです。

看護師の仕事は経験が全てです。疾患に対しても、患者さんへの対応に対しても経験が物を言います。

救命救急センターで看護師のスキルとしての経験は3年働けば一般病棟の5年分に匹敵すると思います。

若いうちに病院の中で一番厳しい環境で経験を積んでおけばどこに異動になってもやっていける看護師になれると思うのです。

また働いている看護師も意識高く仕事をしている人が多く、いい影響を与えてくれる憧れの先輩ナースがいる可能性が高いです。

まとめ

救命救急センターは病院の中で一番厳しい環境ですが、やる気と興味があれば新人の時に自分を鍛える環境としては最高の場所です。

TVでしか余り見る機会がない救命救急センターですが、がんばれそうなら希望部署の1つに検討してみてください。

看護学生が就職先の病院を探すときのポイントはこれだ!看護学生にとって実習・卒論と並んで大問題なのはどの病院に就職するか、就活問題です。 就職先を探すときのポイントは 自分が...