国試の勉強

どうしたらいいの?実習と看護師国試対策を両立させる方法

専門学校生のみなさん最終学年で一番悩むこと。

それは国試と実習の両立です。実習でクタクタで帰ってきて、記録を書いてその上国試の勉強なんてどうやったらできるの?

時間と体力がいくらあってもできないように感じると思います。

しかし思い出してください。

看護師国家試験の専門学生の合格率は毎年95%を超えていることを。

看護師国家試験の難易度・ボーダーを徹底解説!看護師国家試験を受験するうえで知っておきたいこと。 それは看護師国試はほぼ合格できる試験だということです。 一般的に合格率は...

合格してきた先輩たちは全員何とかしてきたと考えたらあなたもできそうだと感じませんか?

実習と国試対策の両立は時間の使い方がすべてです。

実習と国試対策を両立させる時間管理法

移動時間を勉強時間にする

みなさんは通学にどのくらいの時間を使っていますか?

ましてや実習は自宅から結構遠い病院にいっている場合が多いため通学には1時間以上かかっているのではないでしょうか?

片道1時間なら往復2時間です。

通学の時間、あなたは何をしていますか?

何をしているかと聞かれてパッと答えられない方。それは何もしていないんだと思います。

何もせずにスマホをみて時間をつぶしているのだと思います。

時間がないならこの時間を有効活用しない手はありません。

実習に行く通学時間を国試勉強の時間に充てるのです。

看護師国家試験突破ナビでは必修問題参考書はポケットサイズものをすすめています。

理由はサイズが小さければどこでも開いて勉強が始められるからです。

通学時間は必修問題勉強の時間にすれば少なくとも1時間くらいを作ることができるのではないでしょうか?

またアプリでも国試対策ができます。

看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所
看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所
開発元:株式会社クイック
posted withアプリーチ

国試対策はどんどん問題を解いて自分の知識のストックを増やしていく作業です。

通学時間はアプリを使ってどんどん問題を解く時間に充てるものいいと思います。

週末は国試対策・平日は実習+国試復習

平日は実習の記録が追い付かなくて国試対策をする余裕がない場合は、国試対策は週末に集中してやりましょう。

そして平日は実習の記録を書いた後残っている体力で週末に勉強した内容の復習をします。

人間は新しいことを学ぶ時は特に集中力を必要としますが、それは2回目3回目となると初めに比べてスムーズに理解できるようになります。

これなら実習で疲れた体と頭でも少しずつ国試対策をやれるはずです。

心地いいと感じる時間以外は捨てる

これはかなり上級者向けの時間管理法です。

私たちは普段生活していると何気なく時間を過ごしてしまいがちです。

しかし時間を貴重なものだと認識すると時間は無駄にできないことに気が付きます。

テレビを見ている時間、スマホを触っている時間、やる気が出なくてぼーっとしている時間。

これらの時間は『心地いい』と感じるたぐいの時間ではありません。

こうした何の意味を持たない小さな時間をすべて国試の勉強に注ぐのです。

こう知った時間管理ができるようになれば社会人になっても優秀な人材になれると思います。

終わりがあるから頑張れる!

この文章を読みながら『そうはいってもしんどくてできない・・・』と思う方もいるでしょう。

でもこの頑張らなくてはいけない時間は一生続くわけではありません。長くても1年で終わります。

長くても1年やり切れば終わります。しかも頑張った人の合格率は95%以上です。

今頑張らなくていつ頑張るのか。そんな状況が今なんです。

今まで勉強を頑張ったことがない人も、とにかく今だけ頑張ればいい。

1年なんて長いと感じるなら今日1日だけ頑張ればいい。明日は明日決めればいい。

頑張りは人生に充実感を与えてくれます。これは絶対です。

中途半端にやった人には感じられない充実感を頑張りがくれることを国試対策を通じて体験してください。

まとめ

実習で時間がないなか、いかに国試対策をやるのか時間のつくり方の紹介をしました。

スキマ時間をうまく使って頑張る。

これしかありません。国試の勉強にも、時間の作り方にも魔法はありません。

だから当たり前のことをコツコツやっていくしかないのです。

頑張れ、国試受験生!!