国試の勉強

みんな悩んでる!卒論と看護師国試対策を両立させる方法!

大学4年生の看護学生がみんな悩むのは看護師国家試験対策と卒論の両立です。

大学生は専門学生と違い4年の夏前に実習が終わるはずなので国試対策の勉強をするにしても時間的に余裕はあるはずです。

しかし卒論があるとなぜか国試対策に集中できないのはみんな同じです。

では卒論と国試対策はどうすれば両立できるのか。

そのポイントは時間を大切に使うということです。

とにかく卒論を秋までに終わらせる

国試と卒論の両立の最も効果的なのは卒論を終わらせることです。

片方が終わればもう片方に集中できるはず。

それならば卒論を早く終わらしてしましましょう。

各学校で提出期限があると思いますが、ひとつの目安で9月末~10月頭には完成をさせましょう。

理由は寒くなってきても卒論が終わっていなければ、国試の勉強が十分できないことに強く不安を感じるようになるからです。

看護学生の卒論は理系の学生と違って何日も研究室にこもってデータをとって・・・というやり方をする人はほとんどいないと思います。

テーマを決めて文献検索をして、それをもとに客観的な文章を大量に書いていくこと場合が多いと思います。

データなどがいらない場合が多いなら早く仕上げられるかは自分の頑張り次第になってきます。

それならガッツを頑張るしかないです。

私は夏休みの1週間に卒論を書ききるときめ、1週間で仕上げました。

そしてそのレポートを少しずつ担当の先生に提出して継続的に卒論をやっているように見せかけました。

ここで一つ理解しておくべきことがあります。

看護大学は看護師を輩出することが主な役割のため実のところ卒論を重要視していない場合が結構あります。それはなぜか?

近年乱立する看護大学は看護師国家試験合格率を競っており、できるだけ大きの看護師を輩出したいわけです。

それなのに卒論で学生を足踏みさせ続けるわけにはいかないという実情があります。

よって他の理系学部と違い卒論はそこまで重要ではありません。

重要なのは看護師国家試験に合格することです。そのための4年間です。

このことを頭に置いたうえで程よく卒論に力をいれて、早めに終わらせて国試の勉強に全力をそそぎましょう。

スキマ時間を活用する

みなさんは毎日通学にどれほど時間を使っていますか?

多くの方は1時間程度だと思います。そうすれば往復で2時間。

この時間をうまく利用するほかありません。

突破ナビでは必修問題参考書はサイズが小さめのものをすすめています。それはどこにでも持ち運んで時間があればすぐに開いて勉強できるようにです。

大学受験の単語帳がそうであったように必修問題参考書も単語帳のように暇さえあれば開いて知識を吸収していきましょう。

人前で参考書を開くのが嫌な人は国試対策アプリでどんどん問題を解くこともおすすめします。

看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所
看護師国家試験4000問 看護roo!&さわ研究所
開発元:株式会社クイック
無料
posted withアプリーチ

深く勉強するのは机の上でやればいいので、スキマ時間でアプリでどんどん問題をといて数をこなすやり方でいいです。

とにかくぼーっと過ごす無駄な時間を過ごさなことが大切です。

時間は絶対にある

大学生は専門学生と比べると実は時間的な余裕がかなりあります。専門学生の場合は実習が11月末か遅ければ12月ごろまであるとことがあります。

国試の合格率からか見ても大学生のほうが専門学生より合格率が高くなっているのは時間的な余裕が大きくはたらいていることが考えられます。

看護師国家試験の難易度・ボーダーを徹底解説!看護師国家試験を受験するうえで知っておきたいこと。 それは看護師国試はほぼ合格できる試験だということです。 一般的に合格率は...

両立が難しいいと言えど、アルバイトをする時間もあるはずです。逆にこの時間の余裕で油断して勉強が遅れる人がいます。

油断しないでとにかく勉強する。

目指すべき姿は何度国試を受けても合格できる実力を身につけることです。

国試勉強はずっと続くわけではありません。たった1年頑張れば終わります。

受験生になった今が踏ん張り時です!!

とにかく時間の管理をしっかりと行う。卒論をはやく終わらしてできるだけ早い段階で国試の勉強に全力を注ぐことができる体制を整えましょう。

まとめ

卒論と国試対策の両立についてまとめました。

2つについて言えることは少しずつコツコツと進めていくことです。ここに魔法はありません。毎日少しずつ前に進むことだけが道を開く手段です。

ぜひ頑張ってください!